ボラぼらボックストップ|分野別情報|地域別情報|すべて表示|地図から探す|詳細検索|ひとつ前に戻る

ボランティア情報詳細表示

フィリピンスタディツアー
フィリピンの抱える厳しい現実と向き合いつつ豊かさとは幸せとはなにか?を考えます。
情報番号 3598 入力日 2017-12-27 14:15:23 最終修正日時 2017-12-27 14:15:23
募集の対象 15歳以上の方 入力方法 直接
活動種類 ボランティア募集
活動分野 子供 国際協力/国際交流 平和
内容の詳細 路上で生活する子どもたち、物乞いをする子どもたち、生きていくためにゴミを拾い集める子どもたち…「人口の2割が国の富の80パーセントを所有し、人口の8割が残りの20%をわけあって生きている。」と言われるフィリピンへその現実と向き合いにいきませんか。

2018年春、CFFの海外ボランティアへ!2017年、約300名以上の方に参加いただきました。資料請求はホームページから、CFFで検索!

CFFの運営する親と生活することのできない子どもたちの施設「子どもの家」訪問
ごみの捨て場から再利用可能なものを拾い売って生計を立てている"スカベンジャー"の人々との出会い
格差広がるフィリピンで都市部の裕福な家庭、農村部の貧しくもシンプルな家庭でのホームステイ
フィリピン人の戦争体験者から 話を聞き平和について考えるピースセミナー

など、プログラムを通してフィリピンの抱える厳しい現実と向き合いつつ豊かさとは幸せとはなにか?ということを考えます。

締め切り:1月29日
定員:18名程度
必要経費 11万8000円(*航空券代など含まず)
問い合せ先 http://www.cffjapan.org/
問い合せメール info@cffjapan.org
関連ホームページ http://www.cffjapan.org/
活動地域 海外
掲載期間 2018年 1月末日
閲覧回数 512

★情報の真偽については各自でご判断・責任においてご利用ください。問い合わせは、それぞれの問い合わせ先までお願いします。
情報提供者 < info@cffjapan.org >へ質問する

※返答を保証するものでは有りません。
このボランティア情報に関する質問をすることが出来ます。
入力された名前、内容はこの場で一般に公開されますので、個人情報等の 公開されたくない内容は書かないようにしてください。
また、入力された内容は入力者は削除できません。削除したい場合は、 office@i-ten-labo.infoまでメールで連絡して下さい。
不適切な内容は管理者側で予告なく削除する場合があります。
質問はメールでも問い合わせメール先(info@cffjapan.org)へ送信されます。

名前 QA 内容 入力日付
名前
質問 回答 内容

情報操作 <登録者による情報の削除・訂正が行えます>
情報入力時に設定したパスワードを入力し、訂正か新規(内容コピー)か削除を選び「訂正/新規/削除」ボタンを押して下さい。
新規(内容コピー)を選択すると、この情報はそのままで、別に新たに情報を登録できます。その際、この情報の内容がそのまま使われます。似た内容で、一部が異なる情報を複数登録する場合にお使い下さい。
パスワード

トラックバックhelp

この記事のトラックバックURL : http://www.i-ten-labo.info/vtrackback.php?id=3598