トップページ > i-Ten-Laboについて > スタッフ紹介 > さちるのつぶやき

町家を生かして3.板橋の町家ほっこり

さちるのつぶやき 其の四十七

情報登録日:2009-07-23 20:16:07 (sachiru7777)

最終修正日:2009-07-24 10:19:15 (sachiru7777)

町家ほっこりここの「酒粕ケーキ」は絶品やで。
そんな声につられて行ってきました。
”板橋の町家ほっこり”

大正九年に建てられた町家を改築した、
最近京都ではよく見かける町家カフェなんですが、

ここは、実は、
小規模多機能型居宅介護施設。

認知症デイサービスセンターも併設した介護福祉施設なのです。



玄関を入るとすぐにエレベータがあります。

町家の梁や造りを生かしつつ、近代的な設備をふんだんに取り入れた独特の建物となっています。


介護が必要な状態になっても、住み慣れた地域で、住み慣れた建物で…

日本人なら誰もが懐かしさを感じる町家独特のただずまいが、地域密着型の介護サービスと見事に融合してるのではないでしょうか。

「ただいま」「おかえり」

といった声が自然に聞こえてきそうな空間です。

町家

そして、施設の一階に和喫茶 さくらがあります。 

古木を使ったお洒落な机と椅子。

和紙で作られた照明が印象的です。


テーブル

吹き抜けの天井からは柔らかな光が差し込みます。

天井

残念ながら、「酒粕ぱうんどけーき」は冬季限定。

夏らしく、梅とろろうどんとアイスローズヒップティーを頂いてきました。

うどんとハーブティ

@ほっこり@したい方、ぜひ一度お運びください。

アクセス

ほっこり  〒612-8351
  京都市伏見区土橋町334-1
  
  板橋の町家ほっこり
  
  和喫茶さくら
    営業時間11:30〜16:30
    電話:075-605-4670

リンク京都老人福祉協会 板橋の町家ほっこり


関連する情報help

キーワード町家を生かしてにマッチする情報

関連書籍


コメント


コメントを書き込む 初めて書き込む方は注意書きをお読みください

タイトル:
コメント:

トラックバックhelp

この記事のトラックバックURL : http://www.i-ten-labo.info/trackback.php?id=981

< 前の記事へ |現在のカテゴリへ| 次の記事へ >