トップページ > i-Ten-Laboについて > スタッフ紹介 > さちるのつぶやき

「ジョゼと虎と魚たち」を観て

さちるのつぶやき 其の三十四

情報登録日:2007-05-03 22:18:37 (sachiru7777)

最終修正日:2007-05-03 23:26:37 (sachiru7777)


ゴールデンウィークも後半にはいりました。
取り立ててイベントも遠出の予定もない我が家・・・
せめて、少しでも”非日常を”と、前々から気になっていて、
でもなかなか観る機会のなかった映画を見ようと思い立ち、
手当たり次第にDVDを数本借りてきました。
その中の一本。

「ジョゼと虎と魚たち」犬童一心監督

何年か前に、かなり話題になった映画らしいので、ご覧になった方も多いと思います。
私は、そんなことも知らずに、
タイトルに惹かれて何気なく手にとった一本だったので・・・。

観終わってしばらく動けませんでした。

経験や性別や世代や立ち位置によって、評価も感想も、随分違ってくるのではないかなと思います。

私には直球できました。ドーンて。。

外側から眺められない立場にあっては、反発を感じる方もあるかもしれませんね。
でも。
目をつぶらずに、観て、感じて、そしてちょっとだけ考えて欲しい作品です。
機会があればみなさんもぜひ一度。オススメです。












関連する情報help

キーワードさちるにマッチする情報

関連書籍


コメント


コメントを書き込む 初めて書き込む方は注意書きをお読みください

タイトル:
コメント:

トラックバックhelp

この記事のトラックバックURL : http://www.i-ten-labo.info/trackback.php?id=902

No.138 ジョゼと虎と魚たち 時間 2008年 10月 13日 22:57:38

自分が今まで見た恋愛映画の中で、これほど リアルな別れを体現させてくれる作品は出会ったことが なかった。数多くある恋愛映画は泣かせる演出だったり 言葉だったり作られた世界というイメージが定...

< 前の記事へ |現在のカテゴリへ| 次の記事へ >