トップページ > i-Ten-Laboについて > スタッフ紹介 > さちるのつぶやき

ユニバーサルデザインあれこれ4.カフェ・喫茶

さちるのつぶやき 其の二十六

情報登録日:2006-10-30 22:31:12 (sachiru7777)

最終修正日:2006-11-26 07:32:42 (sachiru7777)

カフェポーポー店内

i-Ten-Laboのスイスイスイーツ調査が始まりました。
企画に賛同して下さった総勢67名のスイーツボランティア調査隊のみなさんが、今、 実際に足を運んで、京都のカフェや甘味処のバリアフリー度を細かくチェック中です。

百貨店や大手スーパー、ホテルなどにあるカフェは、 ビル自体のバリアフリーが進んでいて、車イスでもアクセスしやすいでしょうし、 逆にバリアがいっぱいの小さな個人カフェでもオーナーの心意気ひとつで 障害者でも入りやすいお店というのはいくつもありますが、

最初から、車イスのお客さんも来店することを想定して作られたカフェというのは、 まだあまりないように思います。

左京区岩倉の閑静な住宅街にある 「カフェ&ギャラリーPawPaw(ポーポー)」は、 そんな数少ないユニバーサルデザインカフェの一つです。 オーナーの貝塚あや美さんは、長年ご主人が車イス生活であったことから、 外出先での様々なバリアを実感し、”車イスの人でも気軽に出かけられる場を” と、 今春、教員生活にピリオドを打って、このカフェをオープンされたそうです。


カフェポーポー外観 エントランスオブジェ
おしゃれな外観、入り口にもオーナーのセンスが光ります。
駐車場が付いてるのも障害者にはアクセスしやすいですね。
エントランスへは歩道からの段差はありませんが、
ちょっと勾配がきつく、自力で上がるのは腕力が要るかも・・・
でも、ドアが全面ガラス張りで、きっと中から気づいて
手伝いに飛び出してきてくれはると思います。

エントランス
ドアは引き戸ではなく開き戸ですが、段差はありません。
常時開けてあるか、閉まってても同様にガラス扉の向こうから開けてくださるはず・・・

メニュー 時計 ギャラリー
中に入ると、店内は落ち着いたおしゃれな空間。
左手にカウンター席と厨房があり、 右手にテーブル席、奥に9人くらいで囲める大きな木のテーブルが見えます。
通路は車イスでも充分通れる広さで、テーブル下に突起物がないので
店内どこの場所にも座ることが可能です。

トイレ1 トイレ2

トイレは引き戸で、段差はなく、広さも充分。
かわいいカーテンが引かれ、介助者と一緒に入っても苦にならない雰囲気。
扉が鏡になっていることで、トイレが近くにあることを感じさせず、
同時に店の空間に広がり感を持たせています。
スペースの問題で喫茶内にトイレを設けるのは難しい中、
うまくデザインされてるなあと感じました。

トイレ洗面台
洗面台下もスペースを空けてあり、車イスをぴったり寄せて手を洗うことができます。
ただ、トイレ自体は普通の洋式トイレで両サイドにバーがついていません。
手すりはちょっと離れた壁側に縦向きのものが一本着いていますが、
乗り換えるときに支えになるのは洗面台だけになるかもしれません。

トイレレバー
心遣いが光っていた、水洗レバー。
普通のタイプのレバーに鎖と握りやすい大きさのボールが付けられていて、
下にひっぱって水を流せるようになっていました。
鍵をかける作業、水を流す作業、
そんな当たり前のちょっとした動きが、 意外と手間取ったりするものなんです。
高齢者にもやさしいアイデア、 他のお店もぜひ真似してほしいですね。

貝塚さん

PawPaw(ポーポー)さんに伺った時、オーナーの貝塚さんは、カウンター席に1人で来店されていた お客さんとカウンター越しに会話が弾んでいるようでした。
「散歩の途中でふらっと立ち寄ってくださった方が、 何回か通ってくださるうち、ぽろっとこぼしてくださるお話が楽しい」
「人生40年も50年も生きていれば、人に語れることや発信できることの一つや二つは みんなお持ちのはず。そんな人様の人生を共有できる場になれば・・・」と
にこやかに語る貝塚さんの言葉に温かい人柄を感じました。

もちろん、大勢でワイワイもO.K. 楽器使用なども要相談。
「空間をおおいに利用してください。明かりをつけてお待ちしています。」とのことでした。
最後にお嬢さんが出してくださったレモングラスやローズマリーが絶妙に ブレンドされた温かいハーブティ(残念ながらメニューにはありませんが、 ハーブの入荷した時は裏メニューで登場かも?!)で心がほかほかになったさちるでした。

※このカフェをご紹介下さった加藤わこさんのブログ ”加藤わこ三度笠書簡”
京都発の楽しい情報がもりだくさん。こちらもぜひ一度ご覧ください。

アクセス

Coffee & Gallery Paw Paw(ポーポー)
〒606-0013 京都市左京区岩倉下在地町187-1
?.075-701-5637  AM10:00〜PM6:00  水曜定休
叡山電鉄鞍馬線「岩倉」駅下車徒歩8分
駐車場2台(車イス乗降可)


関連する情報help

キーワードユニバーサルデザイン スイスイスイーツ バリアフリーにマッチする情報

関連書籍




コメント


コメントを書き込む 初めて書き込む方は注意書きをお読みください

タイトル:
コメント:

トラックバックhelp

この記事のトラックバックURL : http://www.i-ten-labo.info/trackback.php?id=720

スイスイ・スイーツ調査隊がゆく!「カフェ&ギャラリーPawPaw」 時間 2006年 11月 2日 13:28:18

京都のボランティアとNPO情報のポータルサイト i-Ten-Labo(アイテンラボ)が主催する 「スイスイ・スイーツ」とは 「京都のカフェや甘味処のバリアフリーを調べよう!」というプロジェクト...

< 前の記事へ |現在のカテゴリへ| 次の記事へ >