トップページ > 京都のバリアフリー > スイスイスイーツ > スイスイスイーツ  案内文書

スイスイ・スイーツ! 参加説明会へのご参加、ありがとうございました!

2006年9月9日(土)、ひと・まち交流館京都において、i-Ten-Laboは、9月〜12月に実施するバリアフリー調査「スイスイ・スイーツ!」の参加希望者への説明会を、実施しました。その報告です。

情報登録日:2006-09-10 04:09:52 (ono)

多数のご参加ありがとうございました。

説明会の様子2006年9月9日(土)、ひと・まち交流館京都において、スイスイスイーツの参加希望者への説明会を実施しました。

当日は残暑厳しい中、15名の方にご参加いただき、i-Ten-Laboの活動紹介や、調査の説明、質疑応答を実施しました。

今後は9月30日に研修会を実施して、実際に調査を行う予定をしています。

締め切りは特にありませんので、どしどし皆様のご応募をお待ちしています。

●お申込はこちらまで。(参加申込フォーム)

●スイスイスイーツの詳しい情報はこちらまで。

当日の説明内容

当日は以下のような内容をお話しました。


− − − − − − − − 

 ■ スイスイ・スイーツ 説明会 ■

  日時:2006年9月9日15:00〜16:00
  場所:ひと・まち交流館京都1階パソコンルーム

●はじめに
 質問があれば随時手を上げてください。
 休憩は取りませんので、自由に取って下さい。
 申し込みは後日でもOK。

●i-Ten-Laboについて
 活動の概要
 i-Ten-Laboの結成から、どのような活動をしてきたかを紹介しました。
 ホームページの紹介
 i-Ten-Laboのホームページをプロジェクタを使って説明。ボランティア情報の発信や、バリアフリー情報、NPOに関する情報を伝えてきました。

●スイスイ・スイーツについて(概要)
 チラシに基づいて説明
 チラシの内容を説明。概要を理解していただきました。
 この調査の位置づけ(これから作っていく試み)
 この調査は、お店の「査察」や「検査」に行くのではなく、車椅子の人や、障害のある人、子連れの人が利用する上での情報を、利用者に届けるためのものであり、「告発」や「改善運動」ではないこと、今後も継続してバリアフリー情報を伝えるための試行・練習の意味もあることを伝えました。

●募集について
 参加対象者
参加は誰でも。今日時点で、車イス利用者2名、ベビーカーの子連れの人1人も参加していることを伝えました。
 i-Ten-Laboの会員について
基本的に会員でなくても活動は可能。今後も引き続きi-Ten-Laboのスタッフとしてこのような活動に参加してもらうときは、ぜひ会員(年会費500円)になってくださいと伝える。

●研修会について
 ボランティア保険について
 活動中のケガや事故に備えてボランティア保険に入っていただくことを説明しました。
 調査項目の説明
 現在調査項目は作成中ですが、作製の見本を資料として配布。このような感じになることを説明しました。
 車椅子利用者からのおはなし
 いつもおせわになっている「ぬくもりの会」の村田代表に、車イス利用者からの意見をミニ講演として話していただきます。
 デジカメ撮影練習
 机の上におかれたペットボトル、画像、写真の取り方のコツを説明することを伝えました。
 データ入力(記事作成)の練習
 ホームページへのデータ入力方法を、実際の画面を見てもらいながら、説明しました。
 グループごとの調査予定づくり(1〜3名のグループ調査)
 調査グループは、希望を基本にして調整することを伝えました。

●調査について
 事前連絡
 調査へ行くお店に、事前に連絡をしたり、弊店日や営業時間など基本的な情報を調べてもらいます。
 調査の実施(1〜3店舗)
実際にはグループ単位で調査してもらいます。
 主な項目
 (お店までのアクセス、入り口、店内、トイレ、メニューなど)
 主な調査項目は上記5項目を調査してもらうことを説明しました。
 費用について
 (1000円程度まで調査費として支給)
 調査費が、1店舗辺りにあることを説明しました。
 役割分担(写真撮影、記事作成、店舗絵のインタビューなど)
 役割う分担をして、調査の効果的な作成をしていただくことを説明しました。

●公開(記事作成)について
 ホームページに入力 → 公開
 ホームページに入力することはすなわち、その場でホームページとして公開するのと一緒であることを説明。
 広報
 (全国の障害者団体、養護学校、ガイドブックなどの出版社・・・)
 説明会では省略しましたが、できるだけ全国単位で広報をすることを考えています。
 印刷物としては検討中
 現在のところ調査結果を冊子や紙媒体にする予定はありません。

●調査後について
 年末あたりに「ふりかえり会」ができれば・・。
一通りの調査が終了した後は、参加者が集まり、調査の結果や完成ページ、慰労会を行えればと考えている。
 今回の調査をベースにして(ランチ、居酒屋、観光地・・)
 今後も引き続きこのチームに成長してもらって、いろいろな情報を発信していきたいと考えていることを伝えました。

●質疑応答
 疑問、質問、聞いておきたいことはお気軽に!

■調査エリアを限定することは可能ですが?
 ある程度の限定は可能です。特記事項にその旨を書いてください。

■友達と参加する場合は?
 どちらかが代表となってもらって、それぞれの人で申し込んでください。その時、代表者欄にその代表者の名前を書いておけば、調整します。

■調査費1000円の領収書や使い道は?
 特に限定はしていません。具体的には1000円を渡しますので、その領収書を書いてもらいます。使い道はグループで考えてもらいます。ただし、支出した明細は出してもらいますが、調査費を超えた分については、各自負担してください。



関連する情報help

キーワードスイーツにマッチする情報

関連書籍


コメント


コメントを書き込む 初めて書き込む方は注意書きをお読みください

タイトル:
コメント:

トラックバックhelp

この記事のトラックバックURL : http://www.i-ten-labo.info/trackback.php?id=706

< 前の記事へ |現在のカテゴリへ| 次の記事へ >