トップページ > i-Ten-Laboについて > NPO情報 > 京都のNPO・ボランティアに関するニュース > 2006年

[京都新聞2006年6月8日]赤煉瓦サマー・ジャズ−舞鶴・今年も8月に開催

 ジャズを通して赤れんがの街をアピールする「赤煉瓦(れんが)サマー・ジャズin舞鶴2006」(同実行委主催)が今年も8月5、6日に京都府舞鶴市北吸の赤れんが倉庫群で開かれる。今年は工事の関係で、会場を例年より西側に移しての開催になるが、実行委は「雰囲気づくりに工夫を凝らし、ぜひ成功させたい」としている。

情報登録日:2006-06-12 08:10:06 (m_ayabe)

 今年で16回目を迎える同ジャズ祭は、例年、市政記念館西側の3棟の倉庫に囲まれた場所を会場にしてきた。しかし今年は、うち1棟が市の文化財などを収蔵する「智慧藏(仮称)」への改装工事中で、特設ステージを設置できなくなった。

 関係者によると、NPO法人(特定非営利活動法人)「赤煉瓦倶楽部舞鶴」の理事会では、「中止もやむをえないのでは」との声もあったが、最近、映画ロケで同倉庫群が再々使われるなど「舞鶴と赤れんがのイメージが根付きつつあり、その流れを断ち切らないように」と開催を決めた。

 今年の会場は、例年より約200メートル西の赤煉瓦ロード付近。国道27号沿いのため、音響と照明の加減が難しいほか、客席数も例年より減るが、「その分、ライトアップや会場一帯の雰囲気作りに力をいれたい」という。

 実行委の松井功会長(53)は「国道に面し不利な部分もあるが、イベントを広く知ってもらうチャンスと考え、赤れんがの街をさらにアピールできれば」と話している。

 今年は、ニューヨークで活躍する「ビンセント・ハーリングカルテット」「エディ・ヒギンスクインテット」らが出演する。開演は両日とも午後7時。入場料は1日券が2500円。問い合わせは同実行委TEL0773(62)6940。


関連する情報help

キーワード舞鶴 赤煉瓦にマッチする情報

関連書籍



コメント


コメントを書き込む 初めて書き込む方は注意書きをお読みください

タイトル:
コメント:

トラックバックhelp

この記事のトラックバックURL : http://www.i-ten-labo.info/trackback.php?id=602

< 前の記事へ |現在のカテゴリへ| 次の記事へ >