トップページ > i-Ten-Laboについて > スタッフ紹介 > さちるのつぶやき

学習障害の子の気持ち

さちるのつぶやき 其の四

情報登録日:2006-03-14 11:07:28 (sachiru7777)

最終修正日:2006-07-19 19:16:18 (sachiru7777)

みなさんは学習障害をご存知でしょうか?
詳しくは専門書や専門サイトにお譲りするとして、ここでは、学習障害の子の気持ちに 少しでも近づけるように、ちょっとしたヒントや実験をご紹介したいと思います。

黒板

例えば、Aちゃんは、板書が苦手です。
計算や、図工や、音読など他の事は何でもよくできるのに、黒板の文字をノートに写し取る 作業だけがとても遅いのです。視力が悪いわけでもありません。
最初先生は「さぼってないで、さっさと書きなさい」と言っていました。 でも、どうやら本当に一生懸命やっていても間違ったり遅かったりする事がわかってきました。 すると今度は「なぜできない」のかがさっぱりわからない。
Aちゃん自身も、自分だけみんなと同じ速さで板書が出来ない事がわかっていて、 コンプレックスになってしまっています。

そこで、先生にAちゃんの気持ちを少しでもわかってもらうために、ある実験をしてみました。
みなさんもお時間があったらぜひやってみてください。
鏡を何枚か用意します。黒板を鏡に映し、さらにそれを鏡に映し、さらに映してそれを見ながらノートに 書いてみます。自分の手元も鏡で映して手元ではなく鏡に映ったノートと自分の手を見ながら書いていきます。
どうですか?鏡に映った黒板の文字は読めても、書くことは難しくありませんか?

ノート

あるいは、黒板に緑のチョークで字を書かれたらどうですか?
ホワイトボードに黄色のマジックで字を書かれたら?

見えてるものをそっくり写し取るだけだから・・・と言って、もしアラビア語が書かれていたら 一文写し取るのにどれくらい時間がかかりそうですか?

また、もし文の途中で、ところどころ鏡文字になっていたら?すらすら書き写せそうですか?

男の子

学習障害の子がみんなこうなのだと言っているのでありません。
ただ、出来ないのには、ちゃんとその子なりの理由があるのです。

例えば、板書の時に言葉を読み上げながら書いてあげればそれだけで楽になる子がいます。
漢字だけ色チョークを使えば、それだけでスムーズに出来る子もいます。
板と字のコントラストを強くしたり、逆に弱くしたりすれば、もっと速く写すことが出来る子がいます。


学校

Bちゃんは、指示の通らない子と思われています。
1対1だと普通に会話できるので、授業中に先生の言った事を聞き漏らしたりするのは ただの注意力散漫だと思われているのです。


女の子

雑踏を歩いている時、大抵の人は「○○さん」と名前を呼ばれたら、振り返ることが出来ます。 どんなにうるさい場所でも、親しい人の声や会話だけは聞き取れたりもします。

でもこれが、見知らぬ大勢の人がガヤガヤおしゃべりをしている部屋で、 「この中の一人がある有名な童謡の歌詞を読み上げている」ので、その童謡を答えてください。 と言われたらどうでしょう?聞き取れそうですか?

全ての音声情報が均一に入ってくる子にとっては、ガヤガヤした教室で、先生の言った言葉だけを 拾い上げるのは大変難しい事なのです。


Cちゃんは、一年間ピアノを習っていましたが、とうとう最後まで鍵盤の「ド・レ・ミ」の場所を覚えることが出来ませんでした。
Cちゃんは、ピアノに興味のない、やる気の全くない子というレッテルを貼られて教室をやめました。

でも、もし鍵盤がこのように見えていたら、私たちに瞬時に「ド」の場所がわかるでしょうか?

黒鍵の全て入った鍵盤

Cちゃんが実際にそう見えていたわけではありませんが、Cちゃんにとって黒鍵の配列の違いは、見分ける為の 手立てにはならなかったのです。

見た目にすぐに障害者とわかる人間には、もちろん人からそういう目で見られることによるそれ相応の苦悩がありますが、
逆に、人から理解されにくい障害を持っている人やその家族の悩みも相当に深いものがあると思います。


お勧めの絵本

もし、こどもが「○ちゃんは変やから嫌いや」と言ってきたら、なんて答えますか? この時の子どもへの対応で、その後の学校での雰囲気や、その子のその後の考え方が 随分違ってくるように思います。 でも、親も教師も、実際のところなんと言っていいのかとまどいますよね。 そんな時、親子で、学級で、一緒に絵本を読むことをお勧めしたいです。

「ふしぎだね!? LD(学習障害)のおともだち」には、 教科書が読めないさとるくんと、作文になるとじゃまをするけんたくん、おしゃべりの輪に入れないちかさん、算数のときだけ何にもしないゆうじくん、 わすれものばかりのももこさんが登場します。

「ふしぎだね!?アスペルガー症候群(高機能自閉症)のおともだち」には、 授業中に教室を出てってしまうつよしくん、会話がかみ合わないえりかさん、算数テストは100点じゃないと気がすまないあきらくんが登場します。

「ふしぎだね!?自閉症のおともだち」には、 予定が変わるとパニックになるますみくん、みんなのゼリーを食べてしまうなおやくん、 リコーダーの音が嫌いなのぞみさん・・・が登場します。

「ふしぎだね!?ADHD(注意欠陥多動性障害)のおともだち」には、 忘れ物が多すぎるしょうたくん、あちこち歩き回るだいきくん、教室からいなくなるひとみさん、 約束をすっぽかすあやかさん、けんかばかりのこうすけくんが登場します。

「ありがとう、フォルカーせんせい」 トリシャは絵を描くことが大好き。おしゃべりもできるのに、学校へ行くようになっても文字も数字も読めません。 トリシャにとって、字は、くねくねした形に見えるだけ。でも、新しい先生がやってきて、トリシャに特別な練習を始めると・・・ LD(学習障害)児の心のさけびが聞こえてくる絵本です。

リンク集  〜より詳しく知りたい方のために〜

学習障害(LD)について書かれたサイトは非常に多く、逆にどこの何を読んだらいいのかわからない・・・という場合も多いのでは?と思います。 学習障害も広汎性発達障害の一つとして、ADHD(注意欠陥多動性障害)やアスペルガー症候群、自閉症スペクトルなどの サイトの中で、詳しく説明されている場合もあります。
ここでは、ほんの少しですが、リンク集にまとめてみました。
各々のサイトのリンク先を辿っていくことで、より知りたい情報へたどり着くこともあると思います。

ADHD/LD BreakTime
ADHD/LDのSHU-くんのお母さんぶーにゃんさんのサイト。LDを持つ子どもの気持ちにたって、 特に言語性LDと聴覚認知について詳しく書かれています。

グロワーズのさろんで陶器ing(talking)
LDの息子さんをお持ちのグロワーズさんのサイト。特に書字障害について詳しく書かれています。

ことばと発達の学習室
京都の通級教室である「ことばの教室」を指導されている先生のページ。 構音障害、吃音、聴覚障害などのことばの障害のほか、 LD、ADHD、自閉症などについて幅広く、専門的に書かれています。療育に使えることばの教材が充実しています。

障害児教育支援技術情報
京都の現役養護学校の先生のページ。コミュニケーション支援アイテムが豊富。

障害児とのコミュニケーションについて考える〜きこえとことばの教室〜
小学校の「通級指導教室」に勤務する現職の先生のページ。

笑顔と歩みたい〜発達障害をめぐって〜
京都新聞の特集記事。現場の生の声が伝わってきます。

神戸YMCAサポートプログラム
LD児などの軽度発達障害をもつ子どものサポートプログラムを進めています。
※京都YMCAにも同種のサポートプログラムがあります(単発)。
京都市発達障害者支援センターかがやき

大阪医科大学LDセンター

軽度発達障害フォーラム

LD(学習障害)親の会「けやき」

全国LD(学習障害)親の会

関連する情報help

キーワード学習障害 LD ADHD 自閉症 アスペルガーにマッチする情報

関連書籍

LD(学習障害)のすべてがわかる本 (健康ライブラリーイラスト版)LD(学習障害)のすべてがわかる本 (健康ライブラリーイラスト版)



自閉症スペクトラム 10人に1人が抱える「生きづらさ」の正体 (SB新書)自閉症スペクトラム 10人に1人が抱える「生きづらさ」の正体 (SB新書)


コメント

そういえば2

顔 nagako 時間 2006年 3月 15日 23:59:25

以前、仕事でADHDの子供さんのパソコン授業のお手伝いをしたことがあります。パソコンは子供にとって興味のある楽しい勉強みたいですごく集中していて、私にはどうしてこの子が特別なクラスに居るのかわからないくらいでした。でも廊下でであって話をするとなんかじっとしていられないんですね。とてもひとなつっこいし、大きな声で挨拶できるしいい子なんです。話はそれますが、片付けられない・物忘れをしてしまう・・などで子育てに苦労している母親の話をテレビで見たことがあります。周囲の理解が大切ですね。本人にはどうもできないこと・・を、認めてあげることで立ち向かえる・・と専門家が言っていましたし、私もそう思います。

そういえば

顔 ono 時間 2006年 3月 15日 00:24:23

今から考えると、中学校のときの「彼」は、きっと学習障害だったんだなーと思う時があります。当時はそんなこと、ぜんぜん思わずにいましたが・・。でも、障害のある人がいることを知ら無かったわけではありません。部分的に障害を持つ人がいるんだなーと知ったのは、もっと後になってからでした。まずは、知ることから始まる、ですね。


コメントを書き込む 初めて書き込む方は注意書きをお読みください

タイトル:
コメント:

トラックバックhelp

この記事のトラックバックURL : http://www.i-ten-labo.info/trackback.php?id=458

< 前の記事へ |現在のカテゴリへ| 次の記事へ >