トップページ > i-Ten-Laboについて > スタッフ紹介 > さちるのつぶやき

思いを馳せてみる

さちるのつぶやき その参

情報登録日:2006-03-14 10:57:28 (sachiru7777)

最終修正日:2007-02-27 13:42:45 (sachiru7777)

車椅子

先日、中学生が、街で車椅子体験をしていました。
これを読んでいらっしゃる皆さんの中にも、ボランティア教室 などで、実際に体験された方もあると思います。
普段歩きなれてる道路の風景が一変しますよね。
停めてある自転車がすごく大きく感じたり、綺麗な道だと思っていたのに、 意外と凸凹してたり、傾斜がついてたり。。。
またそんなちょっとしたことで、車椅子がスムーズに進まなくってびっくりしたりするでしょうか。
一緒に歩いてる人達と視線を合わせて話す事ができなくて、うまく思いを伝えられなかったり、 急に押されてとても怖かったり。

経験してないと、理解できないか?

と言われたら、答えはNOだと思うんです。
究極、全く同じ境遇で同じ体験をしてても、感じ方や受けとめ方は人それぞれですから、 違う心象体験になってるはずですし。
具体的な体験は人それぞれみんな違っても、「くやしい」気持ちを体験した人であれば、 他人の「くやしい」気持ちを理解できるだろうし、 「楽しい」「嬉しい」「悲しい」「つらい」を知っていれば、
あの人は今ひょっとして苦しいのかも ・・・って理解できるようになる。
だから人と人はみんな違ってても繋がっていけるんやないでしょうか

でもやっぱりそういう感性を磨くには経験って大事です。
とっかかりやてがかりは一つでも多く取り込んでたほうがいいに決まってます。

そんなことして何になるの?
本当の気持ちなんて理解できるの?なんて言わずに、色々試してみてください。

例えば、ヘッドホンをつけた無音状態で、字幕スーパーの洋画を見たり、
目隠しをして、音声解説を聞きながら火曜サスペンス劇場をみたり(聞いたり)。。。
案外、意外な発見があるかもしれませんよ。


関連する情報help

キーワード車椅子 さちるにマッチする情報

関連書籍



コメント

自分の体験では

顔 nagako 時間 2006年 3月 16日 00:10:45

さちるさんのお話すごく引き込まれて読ませてもらいました。私は、車椅子や視野をせまくして歩くなど、ほんの体験程度です。でも、足の骨折ですごく困った経験があります。当時4階でエレベーター無しの建物に住んでましたし、出かけるのが一苦労。子供の幼稚園に送っていきたくてもバスの集合場所までのほんの3分ほどがすごく遠い。最近バリアフリーの施設が増えてきましたが、迂回しなければ、スロープがないとか、エレベーターはホームの端とか、、変ですね。そういうことに普段から敏感でいられるようにしたいです

印象深い話

顔 ono 時間 2006年 3月 15日 00:19:48

「経験していないと理解できない」ことは無いけど、相手を思いやる気持ちが大切。でもその感性を磨くには、経験も大切。二つの事が、頭の中で一つにつながるような感じで、すごく印象深いお話ですね。


コメントを書き込む 初めて書き込む方は注意書きをお読みください

タイトル:
コメント:

トラックバックhelp

この記事のトラックバックURL : http://www.i-ten-labo.info/trackback.php?id=457

< 前の記事へ |現在のカテゴリへ| 次の記事へ >