トップページ > i-Ten-Laboについて > NPO情報 > 京都のNPO・ボランティアに関するニュース > 2006年

[京都新聞2006年1月16日]「アフリカの素顔」紹介−伏見で写真展

 紛争や貧困で語られがちなアフリカの人たちの日々の暮らしぶりをとらえた写真展「アフリカの素顔」が、京都市伏見青少年活動センター(伏見区御駕籠町)で開かれている。

情報登録日:2006-01-20 09:50:03 (m_ayabe)

 現地で研究活動に取り組む京都大生らでつくるNPO法人(特定非営利活動法人)アフリック・アフリカと同センターが、熱帯林や砂漠などで力強く生きる人々の姿を実感してもらおう、と企画した。

 会員約20人が1997−2004年に13カ国で写した。牛を使った耕作や丸木舟を操る姿、美容院や市場の風景など計約30点を並べた。はじけるような少女の笑顔や、捕らえた動物に背を向け狩りの腕前を自慢しない男性など印象深い写真が多い。

 2月5日まで。期間中、1月22、29日と2月5日に会員と語り合う茶話会を開く。茶話会は各回とも午後2−3時半で、定員30人。無料。申し込みは前日までに同センターTel:075(611)4910へ。

リンクNPO法人アフリック・アフリカ

リンク京都新聞の記事


関連する情報help

キーワードアフリカ 国際支援にマッチする情報

関連書籍



コメント


コメントを書き込む 初めて書き込む方は注意書きをお読みください

タイトル:
コメント:

トラックバックhelp

この記事のトラックバックURL : http://www.i-ten-labo.info/trackback.php?id=398

< 前の記事へ |現在のカテゴリへ| 次の記事へ >