トップページ > i-Ten-Laboについて > NPO情報 > 京都のNPO・ボランティアに関するニュース > 2005年

[京都新聞2005年11月19日]元小学校にお化け屋敷が出現−上京区で地域の子らが作る

 京都市上京区の元西陣小学校に19日、地域の子どもたちの作ったお化け屋敷が出現した。真っ暗な部屋の中に突然現れるお化けは迫力満点で、驚いて泣きだす子もいた。

情報登録日:2005-12-01 09:37:22 (m_ayabe)

最終修正日:2006-06-26 11:43:51 (sachiru7777)

 大学生ボランティアと子どもで作るまちづくりグループ「ラウンドアイズ京都西陣」が企画。怖いもの見たさで近所の子どもたちが詰めかけ、オープン15分後に約50人が列をつくった。
 井戸に見立てた段ボールから突然手が飛び出すなど、お化けにふんしたメンバーが大活躍。体験した子どもたちは「震えが止まらなかった」「人形が動いて怖かった」などと話していた。

リンク朝日わくわくネット−教室から−"歩いて調べて「町のええとこさがし」"


関連する情報help

キーワード子ども ラウンドアイズ京都西陣 大学生ボランティアにマッチする情報

関連書籍




コメント


コメントを書き込む 初めて書き込む方は注意書きをお読みください

タイトル:
コメント:

トラックバックhelp

この記事のトラックバックURL : http://www.i-ten-labo.info/trackback.php?id=365

< 前の記事へ |現在のカテゴリへ| 次の記事へ >