トップページ > i-Ten-Laboについて > スタッフ紹介 > さちるのつぶやき

タブレットにはまる!

さちるのつぶやき 其の六十三

情報登録日:2013-01-23 13:19:42 (sachiru7777)

最終修正日:2013-02-16 16:57:39 (sachiru7777)

高校生の息子が、ガラケーからスマホに切り替えるのを機に、
「2台目ならかなりお得ですよ!」
の歌い文句につられて、自分用にタブレットを購入してみました。

まわりがどんどんスマホに切り替えていく中、
最近激しさを増してる老眼の身では、ネットも読みにくそうやし、
小さい画面のタップでは、指がはみ出してメールも打ちにくそうやし、
私はやっぱり今までのケータイがいい! そう思っていたのですが、
こんなに大きなスマホ(タブレット)なら私でもいけるかも・・・
という訳で、ガラケーとタブレットの二台持ちに踏み切りました。

で、実際に使ってみると。。。
これが思いのほか便利で、楽しくて、正直びっくり。

スマホって、基本、パソコンを小さくしたものかなと持ってたんです。
タブレットは、ノートパソコンのキーボードのないものかなと。
パソコンなら既にあるし。結構使いこなしてるつもりだし。
パソコンのほうが結局は出来ることが多いんだろうし。と。

でもこれが違う。ぜんぜん違う。

触る、押す、かざす、なぞる、しゃべる
だけで本当に何でも出来るようになっているんですね。
キーボード入力できないのは相当不便だろうと思い込んでいたのですが、
音声入力が、かなり精度が高くて感心してしまいました。
面白くて、タブレットにがんがん話しかけています。家でだけですが・・・

アプリもパソコンのとは全く違います。
確かにファイル操作など、パソコンにはかなわない点がいっぱいありますが、、
普段の生活でファイリングなんてしないでしょう?
そう、パソコンが仕事用なら、タブレットは生活用。
生活を充実するためのアプリが雑多に山盛りで、
これは今後も爆発的に増え続けていくのでしょう。
タブレットは本当に何でも出てくるおもちゃ箱のようなものだったのです。

私はコタツで転がってネットができるようになって、
デスクトップPCを立ち上げることがほとんどなくなりました。
防水なので、キッチンでレシピも見れるし、
手が濡れていてもカメラに手をかざせば触れずに画面スクロールもできるし、
10.1インチの大画面だから、テレビもビデオも見ごたえががあるし、
ノート一冊持ち歩くイメージな位、軽くてかさばらないし、
車で助手席に転がしておけば、いつでも現在位置がわかって
何でも検索できるからナビもいらないし、
QRコードもさくさく読み取れるし、無料ゲームもあなどれないし、
病院の待ち時間には電子書籍も読めるし、字はいくらでも巨大にできるし・・・

何よりも、
老齢で、今までパソコンに踏み出せなかった両親も
タブレットならいけそうな気がしました。
お正月に帰省した折、ひざの上で気軽にネットを初体験して喜んでいました。

スカイプを使って、私の友人とテレビ電話も初体験してもらいました。
まるで手鏡を持つような感じで、ちょっと緊張しながら
「はじめまして、さちるの父です。いつも娘がお世話になり・・・」と
タブレットに一生懸命お辞儀をする父の横で母が
「あら映ってるの?やだちょっと、部屋が散らかってて・・・」
と、会話が弾み、友人も初めて紹介できて、とても楽しいひとときになりました。
両親にとっては、近未来SF映画のひとコマがとうとう現実になったんだとの驚きがあるようで、
その後タブレットを裏返したりしながらしばらく眺め回していました。
遠方に住む両親ですが、いざとなれば、24時間つなぎっぱなしにだってできます。
これで無料電話なんですから。

この分野は世界中でまだまだ進化の途中。
今後どうなっていくのか、楽しみでもあり、ちょっと怖い気もします。

コメント

やっぱりそうですね!

顔 unknown 時間 2015年 8月 18日 09:55:04

無料ゲームもけっこう楽しいしYouTubeなんかも大画面。画質もきれいやし音声検索とかスマホやタブレットは便利!最近はガラホなんかも出てるらしいです!ガラホとはガラケーとスマホが合体したやつですだからラインとかもガラホで出来ちゃうらしいのです。素晴らしいですよね!?

便利ですよね

顔 ono 時間 2013年 2月 6日 00:59:52

タブレット、実家の両親も買いました。
楽しく使っているようです。
ちょっと調べたり、孫とのお遊びにはもってこいのようです。


コメントを書き込む 初めて書き込む方は注意書きをお読みください

タイトル:
コメント:

トラックバックhelp

この記事のトラックバックURL : http://www.i-ten-labo.info/trackback.php?id=1199

< 前の記事へ |現在のカテゴリへ| 次の記事へ >