トップページ > i-Ten-Laboについて > スタッフ紹介 > さちるのつぶやき

お雛様がいっぱい

さちるのつぶやき 其の六十 西国街道ひな人形めぐり

情報登録日:2012-03-02 11:41:05 (sachiru7777)

最終修正日:2012-03-02 18:03:00 (sachiru7777)

西国街道今年も早いものでもう3月。
明日は、桃の節句です。
我が家は男の子しかおらず、
私自身、もう雛人形から遠ざかって久しいのですが、
「自宅でたくさん展示してるし来てな」
とお友達からお誘いを受けて、
おひな様に会いにちょこっと出かけてきました。

彼女のお宅は、京都府向日市の西国街道沿いにあって、
「西国街道ひな人形めぐり」に参加されているのです。

ひな人形1

家に一歩はいると、そこはすでに一面のひな人形ワールド。

様々な時代や地域のひな人形が、所狭しと並べられています。

私も小さい頃、母と毎年飾ったひな人形の思い出を語りだすととまりませんが、

飾られているお雛様も、作られた時代や、嫁入りとともにたどった道筋など

添えられたエッセイーを読みながら拝見するとまた違った趣が感じられます。

ひな人形3西国街道沿い、

伊能忠敬も泊まったという築260年の旅籠(富永屋)には、
和歌山の造り酒屋の娘さんが嫁いできたときに
船で運ばれたというひな人形が飾られていました。

小さなお道具ひとつひとつにも家紋があしらわれた
贅をつくした御殿飾りです。(写真右)


ひな人形にも、地域性や時代背景によって
流行やいろんなかたちがあることも初めて知りました。

リンク富永屋ホームページ

ひな人形4旧家のお屋敷、中小路家では、時代を感じさせる調度品に囲まれて贅沢なティータイムを。。。

広いお座敷に飾られたお雛様の数々に圧倒されます。

リンク歴史の道と中小路家住宅


ひな人形6西国街道沿いでは、こうした旧家だけではなく、
コンビニや飲食店や工務店や様々な場所で
いろいろなお雛様が飾られています。


写真(右)は、八百屋さんの店先で。

たけのこの奥に、見事な段飾りが!


西国街道ひな人形めぐりは、3月4日(日)まで。

京都市内は旧暦の4月3日まで、各地でおひな祭りが開催されます。

リンク向日市ホームページ



関連する情報help

キーワード向日市 西国街道 ひな人形にマッチする情報

関連書籍




コメント

素敵ですね!

顔 unknown 時間 2012年 4月 18日 09:37:26

幼い頃毎年両親と飾った雛人形。うれしくてわくわくしたものです。同じ雛人形を今度は娘に、父と一緒に飾るのが春の恒例行事でした。息子が思いのほか興味を示し、気が付くと一人で七段飾りの前に、ちょこんと座って眺めている姿が懐かしく思い出されます。今では子供たちも大きくなり、手狭になったので、お雛様を飾ることもなくなってしまったけれど、さちるさんの記事を拝見し、久しぶりに飾ってみたくなりました。向日市でこんなイベントがされているのですね。
時間が出来たら、是非行ってみたいです。


コメントを書き込む 初めて書き込む方は注意書きをお読みください

タイトル:
コメント:

トラックバックhelp

この記事のトラックバックURL : http://www.i-ten-labo.info/trackback.php?id=1184

< 前の記事へ |現在のカテゴリへ| 次の記事へ >