日本赤十字社

ディクショナリーヘルプ

[ヘルプ]
辞書機能についての解説です。

単語登録日:2006-05-29 00:22:01

単語の説明help

日本赤十字社は、1877年(明治10年)に創立された博愛社がその前身となり、その後、1886年(明治19年)に日本政府がジュネーブ条約に加入したことに伴って、翌1887年に名称を日本赤十字社と改称した。

赤十字は「人道・公平・中立・独立・奉仕・単一・世界性」という7つの普遍的な原則のもとに、世界的なネットワークを持つ人道機関。

なお、赤十字が実施する「義援金」と「救援金」について簡単に触れておく。

「義援金」は、国内で発生した大規模災害に対して皆さまから寄せられるもの。 「義援金」は、義援金配分委員会(都道府県が主体となって構成され、赤十字は構成メンバーの一員)でたてられた配分計画に基づいて、全額、被災者の方々へ届けられる。

「救援金」は、海外での大規模自然災害や紛争等に際し、赤十字が活動を行うための資金として協力いただくもので赤十字の“事業資金”として受け付ける。

link日本赤十字社

キーワード情報help

amazon