ダウン症

ディクショナリーヘルプ

[ヘルプ]
辞書機能についての解説です。

単語登録日:2006-02-12 01:16:12

最終修正日:2006-02-12 01:17:01

単語の説明help

染色体異常によって起こる疾患。

1866年イギリスの眼科医 J. L. H. Downが独立した疾患として報告したのがはじまりですが、それ以前にもそのような症状については文献上の記録はある。

出生児のなかではもっとも多い染色体異常で、民族間や社会、経済クラス間には差がなく、最近のわが国の統計では、一般出生頻度は約1000人に1人の割合です。

身体的特徴としては、
頭を上から見ると、縦の長さが標準に比べて短い。
あまり起伏が無い顔だち、鼻、特に目と目の間の部分が低い。
眼が切れ上がっている。
まぶたが深い二重になっている。
耳の上の方が内側に折れ曲がり、丸い形の耳に見える。
首の周りの肉付きがよい。
指が短い。
親指と人さし指のあいだが普通より少し開いている。
小指の間接が1つ足らない。
手のひらに猿線が見られる。
指の文様が弓状である。
筋肉の緊張が低下している。
知的発達が遅れる。
これらは、全てのダウン症児に現われるというものではなく、個人差があり、あまり目立たない場合もあります。

参考資料:京都ダウン症児を育てる親の会ホームページ

link京都ダウン症児を育てる親の会

キーワード情報help

amazon