自閉症

ディクショナリーヘルプ

[ヘルプ]
辞書機能についての解説です。

単語登録日:2004-09-29 02:52:51

単語の説明help

自閉症(じへいしょう)とは、社会性・コミュニケーション能力・想像力の発達が限定され遅滞する発達障害の一種である。ただ単に「自閉症」という場合は、後述する低機能自閉症の事のみをさす場合もある。

自閉症の分類
自閉症は症例が多彩であり、健常者から重度自閉症者までの間にははっきりとした壁はなく、虹のように境界が曖昧であるため、その多様性・連続性を表した概念図を自閉症スペクトラムや自閉症連続体などと呼ぶ。

なお、「高機能自閉症」と「アスペルガー症候群」、「低機能自閉症」と「カナー症候群」は基本的には同じものであり、臨床的には区別しなくてもよいとされている(言語障害がないものをアスペルガー症候群、言語障害があるものをカナー症候群と分類する場合もある)。

低機能自閉症
自閉症スペクトラムのうち、知的障害があるもの(一般的にはIQ70以下)を低機能自閉症やカナー症候群と呼ぶ。自閉症研究の初期は主にカナータイプが問題視されていたため、古典的・典型的な自閉症といえばこのタイプのことである

高機能自閉症
自閉症スペクトラムのうち、知的障害がないもの(一般的にはIQ70以上)を高機能自閉症やアスペルガー症候群と呼ぶ。「高機能」というのは知能指数が高いという意味であるが、平均的な健常者より高いとは限らず、知的障害との境界域の場合もあれば、平均的な健常者をはるかに上回る場合もある。1980年代以降、急速に認知されてきた。

よくある誤認識
なお、「自閉症」の語感から、ひきこもりに至るような精神状態や鬱病(うつびょう)のことを含んでいるように思われることもあるが、これは自閉症に対する誤った認識である。

特に高機能自閉症の場合は、一般的に恥ずかしいと思って秘密にするようなことでも正直に話してしまうなど、むしろイメージ的には自閉とは逆の「自開」であるという人もいる。

初期は自閉症といえばほとんど言葉を話さないようなタイプをさしていたため、統合失調症の状態を表す「自閉」という用語を当てて「自閉症」と訳したが、徐々に自閉症の概念が拡大するにつれて、自閉症という訳語が不適切になってきたといわれる。

原因
遺伝子の異常が原因だとの説、水銀などの重金属の蓄積が原因だとの説などがある。一時期、七田真や岩佐京子らによって「テレビの見せすぎが自閉症の原因」などの環境原因説が流行し、自閉症の子を持つ親は周囲から責められてつらい立場であったが、現在ではごく一部の学者以外は、自閉症は先天性の障害であり、育て方が原因ではないとしている(岩佐はのちに自説を一部撤回)。

日本ではベッテルハイム(後述)の著書「虚ろな砦」が広く読まれたため、未だに自閉症は虐待や過保護が原因である「母原病」であるとの認識が一部に根強い。

合併症

自閉症は広汎性発達障害(PDD)の一種であるため、ADHDや学習障害などを併発する場合がある。低機能自閉症知的障害も合併している。まれにダウン症と合併する例もある。なお、興味深いことに、自閉症者は健常者と比べて統合失調症に罹患する確率が極めて低い。

診断名
自閉症」という言葉にはさまざまなイメージがあり、中には誤っているイメージも多い。このため、医師が親に話すときに「自閉症」という言葉を使うと、親が誤ったイメージを持ってしまう危険がある。このため、より広い概念の「広汎性発達障害」や「軽度発達障害」という言葉を使う場合もある。

特徴(症状)
一般的な低機能自閉症児は、おもちゃ・本物の自動車の車輪や床屋の回転塔などの回転するものへの強い興味、数字や風景などに対する高い記憶能力、ある特定の音に対する強い不快感、物を規則正しく並べる行動、何かして欲しいことがあった場合に、近くの人の手を引っ張って対象物まで持っていく「クレーン現象」という行動などの特徴がある。

また、「心の理論」の障害により、他人のすることを自分の立場に置き換えられずにそのまま真似するため、手のひらを自分側に向けてバイバイしたり、自分のことを「あなた」などの二人称で、相手のことを「わたし」などの一人称で呼んだりするなどの現象が見られる。

自閉症児者は、耳で聞くことよりも眼で見ることの方が認識しやすいという視覚優位の特性がある。このため、自閉症児に注意を与えるときは紙などに書いて見せると効果があるとされる。実際、ある職場に勤めている自閉症者が噛み付くなどたびたび問題を起こし、口頭で何回も注意を与えても改善しないため、危うく解雇されるところであった。しかし、詳しい人のアドバイスにより机の前に注意書きを置いたところ、問題行動はぴったりと収まった。

「サリーとアン」と呼ばれる、他人の心の動きを推測する能力を問う試験がある。この試験では、「友達がいない間に自分が友達のおもちゃを入れ物から出して隠した。さて、友達が戻ってきておもちゃで遊ぼうとしたとき、最初に探すのは入れ物か、それとも隠し場所か?」という質問をする。おもちゃを隠された友達は、隠されたことをまだ知っていないので、最初に探す場所は入れ物の方のはずである。健常児や自閉傾向のない知的障害児であれば3〜5歳くらいで正解できるようになるが、自閉症児の場合は他人の心の動きを推し量る「心の理論」が障害されているため、かなり高年齢にならないと正解できない。

また、一部の自閉症児者では、カレンダーも見ずに特定の日の曜日を答えたりする、いわゆるサヴァン症候群と呼ばれる能力がある場合もある。

高機能自閉症の場合は知能には問題はないが、やはり「心の理論」の障害のため、会話の雰囲気を理解できないなど、対人関係に問題を生じやすい。だが、日本では公的な支援はない。

なお、自閉症の症状は人によってかなり違い、上記の特徴は必ずしも当てはまらない場合もある。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア (Wikipedia)』

キーワード情報help

amazon