聾学校

ディクショナリーヘルプ

[ヘルプ]
辞書機能についての解説です。

単語登録日:2004-09-29 02:44:09

単語の説明help

聾学校(ろうがっこう)は、障害児教育のための学校の一つで、聴覚障害の子供・聾児および難聴児の学校である。実際には、聾児が多い。聾学校では、生徒に口話の訓練を中心にコミュニケーションを成立させるための教育を軸に初等教育、中等教育を行う。従来、日本の聾教育は、文部大臣だった鳩山一郎の指示により、長く口話教育を主とし、手話の使用を禁じてきたが、最近は黙認する学校が多い。

初等教育から手話で教育を行う聾学校もあるが、日本では少数である。

現在は、聾の成人たちによる、手話での教育を行うフリースクールが各地に増えてきている。

また、法改正により、聴覚、言語の障害に合わせて、知的障害、情緒障害などをもつ重複障害の子どものためのクラスも用意することができるようになった。

聾学校はデフコミュニティの一つでもある。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア (Wikipedia)』

キーワード情報help

amazon